ストレスチェックは企業にとっても重要です

  • ストレス自覚が難しい人ほどストレスチェックを

    • ストレスを感じていることや蓄積されていることを自覚できる人は少なくありませんが、中にはストレスというものがどのような感覚なのかを自覚していない人もいます。
      自覚できる人は回避することもできる人なので問題ないと言える部分もありますが、自覚が難しい人は折れるまで蓄積してしまう傾向がみられます。
      折れないにしても、精神的な憂鬱を抱えながら仕事や生活を過ごしている人も存在します。

      ストレスは生きるために必要ですが、それは適度なレベルのストレスという前提です。

      ストレスチェックについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

      過度なストレスは心身のバランスを崩していき、病気を引き起こすことも明らかになっています。


      適度なレベルは人それぞれで、ある人は耐えられることでもある人は耐えられないことはよくあります。

      そのため、自分の耐久レベルだけで他人の耐久レベルを指摘してはいけません。

      ガジェット通信の口コミや評判を紹介しています。

      様子を観察したり話を聞いたりして、甘えなのか弱っているのかを判断することが大切です。
      ストレスは見たり触れたりできるものではないため、どのくらい抱えているのかを確認するためにはストレスチェックを使用する必要があります。
      自身で自覚できる人はストレスチェックを行わなくても分かる節があるかと思いますが、自覚できない人ほどストレスチェックで自分の状態を知ることが大事です。

      チェック項目は心身的な不調を問う内容が多く、たとえば頭痛・胃痛・憂鬱感などです。そのような感じがあるけどチェックするレベルでもないと判断してチェックしない方もいるようですが、多少でも不調と呼べるようなものが生じている場合はチェックしましょう。



      そうすることで、偽りのないストレスチェックになります。

top